top
seihin
company
toiawase
 製品情報
誠に申し訳ございませんが、本サイトでの通信販売は行っておりません

 生わかめ (湯通し塩蔵わかめ)
 生わかめのおいしい召し上がり方
 @ご使用になる分だけ袋から取り出して頂き、ボールに入れ塩分を洗い流します。
 Aボールの水を捨て、戻すための水を用意します。
 B夏場は水道水の温度で十分ですが、冬場は20〜24度程度のぬるま湯をご用意ください。
 Cお好みの触感によって戻す時間がかわります。 (三陸産・鳴門産では時間が異なります。)
●お好みの触感と戻し時間の目安●
・硬めの場合、1分〜2分 わかめの量は約2倍になります。
・丁度よい場合、2分〜3分 わかめの量は約3倍になります。
・柔かめの場合、3分〜4分 わかめの量は約4倍になります。
※上記は三陸産の目安、鳴門産は少し短めがお勧め
※戻し過ぎると水分を多く含みわかめが溶けやすくなります
 Dザルで水気を切り、お好みの大きさにカットします。
 Eお好みの料理にご使用ください。
 茎わかめ調理例 (湯通し塩蔵わかめ)
大きい画像を表示する
 

  マルダイ海藻有限会社   TEL:0548-52-3888
Copyright (C) 2011 Marudaikaisou Co.,Ltd. All rights reserved.